気分転換して、気持ちがすっきりする。

WITH ハウス ブレンド

HOUSE BLEND
Tuesday

YATARO MATSUURA

旅するコーヒー

朝から、次から次へと打ち合わせが続く一日だった。

考えるべきこと、やるべきこと、準備するべきこと、チームと共有するべきことなど、リストにして頭の整理。決して焦らずに、あわてずに。高まった気持ちを休ませるのが大事だ。

コーヒーが飲みたかった。こんな時、僕はハウス ブレンドを選ぶ。

コーヒーを手元に置いて、旅先で買った写真集をぱらぱらと眺めた。椅子に座りながら旅をしている気持ちになった。コーヒーがそれを助けてくれる。

ナッツのような香りが心地よく、その一口が、あたかも旅の移動のように、自分をリフレッシュさせてくれるのを感じた。一枚の写真に潜むストーリーに思いを馳せながら味わった。

コーヒーを飲み干すと、すっとちからが抜けて楽になった。そんな気分で仕事に戻った。なんだか、わくわくしていた。

ふと思ったのだが、いつの間にか、たくさんの種類のフレーバーのコーヒーが、我が家に揃っている。実を言うとこれまでは、気に入ったフレーバーが少しあれば十分と思っていた。けれども、その日その時の、気分に合わせてコーヒーを選んだり、一緒に味わう食事にぴったりなコーヒーを選んだりするのが、すごく楽しいことに僕は気づいたのだ。うまく言えないが、その時の自分に寄り添ってくれるコーヒーはなんだろうと考える、コーヒーとの新しい付き合い方を知ったのだ。マニアックとは違うコーヒーのある暮らしというか、コーヒーが日々の処方箋のように。

気分転換して、気持ちがすっきりする。

WITH ハウス ブレンド

HOUSE BLEND
TUE

MOE MURAKAMI

昔から「悩んでいる」という状態を引きずらないのは自慢だった。同じことで明日も気持ちが落ち込むなんて、なんだか昨日に負けた気がして悔しくて、なんとかその日のうちに切り替えようとする癖がついたのかもしれない。

気持ちを切り替えるにはコツがある。
悩んでいる状態を逆手にとって「せっかくなら」と何かアクションを起こすのだ。この言葉は結構魔法の言葉で、いつだって自分の行動を後押ししてくれる。

みんなが荷物を片付け始めた夜の始まり、わたしは資料づくりに頭を悩ませていた。そこで「せっかくなら」と、事務所で一人コーヒーを淹れようと思った。

沸騰したお湯を、ゆっくりとコーヒー粉のうえに注ぐ。
粉がお湯を吸い込むと同時に、豊かな香りがふわっと広がった。

バランスのとれたハウス ブレンドは安心するいつもの味で、作業のお供のナッツにもよく合う。いきいきとした風味のコーヒーを一口飲むごとに、楽しいアイデアが頭に浮かんできたりして、少し新しい気持ちでパソコンを開いてみる。

魔法の言葉が、おいしい一杯を運んできてくれた。

HOUSE BLEND

HOUSE BLENDハウス ブレンド

MEDIUM ROAST

朝スイッチが入り、気持ちが盛り上がる。

WITH ブレックファースト ブレンド

BREAKFAST BLEND

気分転換して、気持ちがすっきりする。

WITH ハウス ブレンド

HOUSE BLEND

午後のご褒美が、わたしをほっこりさせてくれる。

WITH カフェ ベロナ®

CAFFÈ VERONA®

一度リセットして、自分自身へ立ち返る。

WITH パイクプレイス® ロースト

PIKE PLACE® ROAST

リラックスして、ゆったりのんびり。

WITH ディカフェ ハウス ブレンド

DECAF HOUSE BLEND

ワークデイのプレッシャーから、わたしを解放してくれる。

WITH ライトノート ブレンド®

LIGHTNOTE BLEND®

ホリデーがわたしにくれる高揚感・歓び。

WITH スターバックス® ホリデーシーズン ブレンド

STARBUCKS® HOLIDAY SEASONS BLEND
ゆっくり流れる時間を贈ろう。

※別サイトに遷移します