川崎春花の実家は?中学・高校は?偏差値が意外だった・・・

アスリート

 

女子プロゴルファーの川崎春花選手に注目が集まっています。

今回の記事では、「川崎春花の実家は?中学・高校は?偏差値が意外だった・・・」についてまとめました。

 

川崎春花のプロフィールは?

本名・愛称:川崎春花(かわさき はるか)
生年月日:2003年5月1日
年齢:19歳
出身地:京都府

川崎春花の学歴は?

川崎春花の出身小学校は?

川崎春花選手の出身小学校は京都府京都市にある立命館小学校です。

住所:京都府京都市北区小山西上総町22
立命館小学校

立命館小学校は、京都にある名門校。

ゴルフを始めたのは立命館小学校に通う7歳の頃で、まだまだ遊び盛りだった春花さんは当時のこと次のように振り返っています。

「小学校の時とかはやめたかった。ずっと球を打って飽きたりした。やめたかったがベストスコアが出ると楽しくて続けていた。」

いかにも小学生らしいコメントですね。

 

小学生時代には、『京都府小学生ゴルフ冬季大会』で、なんと優勝を果たされています。

 

川崎春花の出身中学は?

川崎春花選手の出身中学は、立命館中学校。

〒617-8577 京都府長岡京市調子1丁目1−1
立命館中学校

 

立命館小学校卒業後は、内部進学で立命館中学校に進まれています。

 

中学時代のゴルフの成績は「2017年全国中学生ゴルフ選手権春季大会」9位

「IMGA世界ゴルフ選手権フロリダチャレンジ14歳以下の部」4位。

 

どちらも優勝は逃されていた様子。

立命館中学にはゴルフ部がなく、ゴルフ漬けの毎日ではなかったことが影響されているのかもしれません。

 

 

川崎春花の出身高校は?

川崎春花選手が通われていた立命館中学校は、内部進学の方法がありますが、高校は内部進学をせず、ゴルフ部の強豪校である大阪学院高校に進学。

 

〒564-0011 大阪府吹田市岸部南2丁目6−1
大阪学院高校

大阪学院高校の偏差値は、46~53?!

 

大阪学院高校は、学科により偏差値が異なっています。

特進・偏差値53
国際・偏差値50
スポーツ科学・偏差値46
普通・偏差値46

川崎春花選手が、どの学科に通われていたのかは不明ですが、スポーツ科学課に通われていた可能性が高いのでは?

 

ちなみに、高校時代の川崎春花選手の成績は、

「全国高等学校ゴルフ選手権(2019年度)団体優勝」
「全国高等学校ゴルフ選手権(2020年度)個人優勝」
「全国高等学校ゴルフ選手権春季大会(2020年度)個人戦優勝」

と華々しい戦績!さらに春花さんは高校在学中にプロテストに1発合格をしています。

内部校からゴルフ部強豪校への進学先変更は、もしかしたら中学時代の奮わない試合成績を打開したかったからかもしれませんね。

 

川崎春花の出身大学は?

川崎春花選手は大学に行っていないので、学歴は高卒ということになります。

高校在学中にプロテストを受けていることから、進学はせずゴルファーとして身を立てていこう、と覚悟を決めていたのかもしれません。

立命館に小・中学校と通っていたので勉強は好きだったと予想されます。

地頭の良さが、今の春花さんの強さを支えている要因のひとつと言えるのではないでしょうか。

川崎春花の実家は?

川崎春花選手の実家について調査。

川崎春花選手は京都府京都市の出身。

 

また、過去に優勝された「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」の会場がある京都府からも比較的近いところに実家があるそうです。

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が行われたのは、京都府の「城陽カントリー倶楽部」。

〒610-0121 京都府城陽市寺田奥山1−46
城陽カントリー倶楽部

 

城陽カントリー倶楽部から自宅までは約40分ほどだったという発言もありました。

 

川崎春花選手は、京都府京都市にある立命館小学校に通われていたそうなので、この図の付近に自宅があると思われます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました